収入合算にするか別々のローンにするか?

収入合算と別々のローンはどちらを選択したらよいのでしょうか?@

夫婦共働きの場合には、
夫婦が別々にローンを組むこともできますし、
収入合算してローンを組むこともできます。

 

ただし、その選択に際して、
特に名義にかかわるものについては、
将来起こりうる状況をシミュレーションして判断することが大切です。

収入合算と別々のローンはどちらを選択したらよいのでしょうか?A

離婚なども
全くないとは言えませんので、

 

名義の取扱いには、十分な注意が必要です。

別々のローンと収入合算の選択についてのポイントは?

この別々のローンと収入合算の選択についての
ポイントは次のようなものです。

 

■住宅ローン控除
夫婦が別々に、または連帯債務で住宅ローンを組む場合には、
住宅ローン控除は別々に適用されます。

 

ただし、この場合、住宅ローン控除は
支払った税額の範囲でしか認められませんので、

 

別々に控除を受けた方が有利な場合があります。

 

■経費
収入合算に比べてローンを別々に組む場合には、
印紙代、登記費用、事務手数料などの経費が
2倍かかることになりますので、

 

経費の負担とメリットとを比較して
妥当であるかどうかの判断が重要です。

 

■妻は仕事をいつまで続けるのか、子供ができたときにどうするのか
夫婦が別々に住宅ローンを組む場合には、
それぞれの頭金とローン負担を含めた
持分割合によって登記が必要になります。

 

そして、もし後々妻が仕事を辞めるとなると、
通常は夫が妻名義のローンを返済することになりますが、

 

これは、夫から妻へのローン負担分の
贈与があったものとみなされますので、

 

別々のローンを組む場合には、
今後の妻のキャリアプランを考慮して判断することが大切です。

 

■借入可能額
同じ収入でも、
借入可能額は収入合算よりも
別々にローンを組む方が大きくなる可能性がありますので、

 

購入可能な物件の範囲が広がります。

 

これは、収入合算の場合には、
妻の収入が半分までしか考慮されない場合が多いからです。

 

【スポンサーリンク】