兄との収入合算はできますか?

物件を兄と共有して住宅ローンを組むのに、兄との収入合算は可能?@

物件を兄と共有して住宅ローンを組もうと考えている場合に、
兄との収入合算は可能かどうかということですよね。

 

結論から申し上げますと、
お兄さんとの収入合算はできません。

物件を兄と共有して住宅ローンを組むのに、兄との収入合算は可能?A

収入合算者の条件には、
連帯債務者になること、同居予定であること、
直系親族であることなどがありますが、

 

兄弟姉妹は直系親族には該当しませんので、
お兄さんとの収入合算はできないということになります。

 

よって、金融機関によっても異なりますが、
それぞれの収入基準の範囲で、別々にローンを組む必要があります。

 

住宅ローンの審査では、
対象物件に同居予定の親族との収入を合算して
収入基準を満たすことができますが、

 

この収入合算者の条件や収入額というのは、
決められていますので注意してください。

一般的な収入合算者の条件というのはどういうものですか?

収入合算者の条件というのは次のようなものです。

 

■配偶者、婚約者、内縁者、申込人の親、子、
 孫などの直系親族であること

 

■申込時点の年齢が70歳未満であること

 

※金融機関によって異なりますので確認が必要です。

 

■住宅ローンの申込人と融資物件に同居する人1人

 

ちなみに、銀行では、
ほぼ連帯保証人の立場でローンが組めますが、
公庫やフラット35では連帯債務者になる必要があります。

収入合算に含められる金額はいくらまでですか?

収入合算に含められる金額は、
収入合算者の年収全額か、
収入合算者と申込本人とで比較して収入の低い金額までです。

 

ちなみに、
収入合算者の収入の2分の1を超えて合算する場合には、

 

申込人や収入合算者の年齢によって
最長返済期間が制限されてしまうことがありますので注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】