借換えの際に担保評価が低いと言われたら…

他の金融機関で担保評価が低いと言って断られてしまったら?@

金融機関によって、
住宅ローンの融資基準というのは異なりますので、

 

同時に複数の金融機関に
打診してみてもよいと思われます。

他の金融機関で担保評価が低いと言って断られてしまったら?A

フラット35や公庫で新規に住宅ローンを組む際には、
一律で物件購入価格や建設代金の8割が限度と決められていますが、

 

借換えの場合は、
民間金融機関の商品を利用することになりますので、

 

担保評価の何割まで融資をするかというのは、
金融機関によって異なることになります。

 

この金融機関ごとの差というのは、それぞれの金融機関によって
貸し倒れに対するリスクのとり方が異なることによって生じます。

 

従来の担保評価に対する融資限度額というのは、
信用組合や信用金庫>地方銀行>大手銀行(都市銀行)
といった感じだったのですが、

 

最近では大手銀行でも、担保評価の300%まで融資可能とするなど、
柔軟な対応になってきています。

 

ちなみに、同じ物件でも金融機関によって、
担保評価自体が異なることはありますし、

 

担保評価だけでなく、物件所在地域の個別事情で
融資が可能かどうかが判断されるケースもあります。

 

特に、空室や売却の多いマンションなどですと
マイナス評価されるケースもありますので注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

借換え可能であれば借り替えた方がよいのでしょうか?

借換えの際には、返済履歴を
通常は1年程度なのに対して、3年程度見られたり、
金利が高くなるなど経費がかかります。

 

また、同じ金額、同じ期間、同じ金利であっても、
担保評価の何%を融資しているかで
保証料に差がつきます。

 

具体的には、借入額100万円に対して
1万円以上の差がつくこともあります。

 

さらに、延滞に対する条件も厳しくなるケースがありますので、
これらの面もよく考慮して借り換えの判断をすることが重要です。

 

【スポンサーリンク】