手付金とは?

手付金とはどのようなものですか?@

手付金というのは、
マイホームを購入するなどの売買契約を結ぶときに、
売買代金の一部として支払うお金のことをいいます。

 

一般的に、手付金の相場は
売買代金の1割前後とされています。

手付金とはどのようなものですか?A

個人間の取引では、
特に金額は規定されていませんが、

 

不動産業者が売主の場合には、宅地建物取引業法により
「売買代金の2割」
が上限とされています。

手付金を支払うと契約が成立するのですか?

手付金を支払うと
売主との間で契約が成立しますので、
支払いについては特に留意してください。

 

それ以後、契約を解除するには
なんらかのペナルティが伴うことになりますので
注意が必要です。

 

もし、契約よりも早く手付金を求められても
支払う必要はありません。

 

【スポンサーリンク】

手付金の性格は?

手付金は、
契約の際に買主が売主に対して支払うお金であり、

 

契約が成立したことを証明し、
売買代金の一部として扱われますが、
次のような性格を持っています。

 

■証的手付け
契約の成立を証明します。

 

■解約手付け
契約当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、
手付金の倍返しや手付金の放棄によって、
契約を解除できます。

 

■違約手付け
契約当事者の一方が契約内容に違反したときは、
違約金に充当されます。

 

【スポンサーリンク】