住宅ローンを組むのに手持ちのお金はどのくらい必要?

住宅ローンを組む際、手持ちの現金はいくらくらい必要ですか?@

住宅ローンを組む祭には、
一定の自己資金(現金)が必要です。

 

この自己資金ですが、
具体的には、購入価格20%程度の頭金と
購入価格の2〜10%程度の諸費用を合計した

 

購入価格の22〜30%程度を準備します。

住宅ローンを組む際、手持ちの現金はいくらくらい必要ですか?A

もちろん、自己資金(現金)は、
多ければ多いほどローンは少なくて済みますので
それ以上準備することに越したことはありません。

 

また、頭金が購入価格の20%というのは
融資額の上限が購入価格の80%までが一般的となっているからです。

 

提携ローンなどで
80%を超える融資を受ける方法もありますが、
返済に無理が出かねませんので注意したいところです。

自己資金が足りない場合はどうしたらよいのでしょうか?

自己資金が足りない場合には、次のような手段を検討してみましょう。

 

■親などからの援助を受ける
贈与税に注意が必要です。

 

■会社の社内融資の制度を利用する
抵当権の設定が不要なことが多く、金融機関で頭金として扱われる場合もあります。

 

■夫婦の収入を合算する
配偶者だけでなく、その住宅に同居する親などの収入も合わせることができます。

 

■有利な貯蓄を見つけて確実に貯める
サラリーマンの場合であれば、財形住宅貯蓄を検討します。

 

■親子で協力してローンを組む
「親子リレー返済」の活用を検討します。

 

■親や妻(夫)との共有名義で資金力をアップさせる
権利関係は正確にしておくようにします。

 

【スポンサーリンク】