住宅ローン控除の確定申告の書き方は?

計算明細書への控除額の記入の仕方について@

計算明細書への控除額の記入の仕方は次のとおりです。

 

■住所、氏名の記入

 

■住宅の居住開始年月日、取得価格、床面積の記入
・この居住開始年月日は、住民票を移動した日です。
・取得価格、床面積については、売買契約書や登記事項証明書から転記します。

計算明細書への控除額の記入の仕方についてA

■増改築の場合の記入
・増改築の費用は100万円を超えていることを確認してください。

 

■自分の持ち分についての取得価格の記入
・夫婦などで共有になっている場合には、それぞれの持ち分を記入します。

 

■住宅ローンの年末残高を計算して記入
・ここには、金融機関から送付される「借入金年末残高証明書」の金額を転記します。

 

■住宅ローン控除額を計算して記入
・ここは、居住の時期によって欄が分かれますので注意してください。

 

■翌年以降、住宅ローン控除を年末調整で受ける場合は、「要する」に○
・「要する」に○をすると、来年以降は控除証明書が送られてきますので、
 これを必要書類とともに会社へ提出すると、年末調整によって還付が行われます。

 

なお、連帯債務者がいる場合は、
「連帯債務がある場合の住宅借入金等の年末残高の計算明細書」
も必要になります。

 

【スポンサーリンク】