いくらまで借りられるのか?

購入できる住宅の価格は?

購入できる住宅の価格というのは、次の2つによって決まります。

 

■用意できる自己資金の額 ⇒ 頭金+諸費用分
■月々に充てられる返済額

 

資金計画の際には、この2つがポイントになります。

頭金はどのくらい用意すればよいですか?

一般的には、住宅購入時に支払う頭金というのは、
購入価格の2割以上を用意しなければならないといわれています。

 

これは、住宅ローンを貸し出す多くの金融機関が、
融資率(担保率)を購入価格の8割程度を目安にしているから
ということがあります。

 

なので、仮に
頭金として1,000万円用意できるという場合には、

 

その5倍の
5,000万円までのマイホームが購入できるということになります。

 

もっとも、なかには
8割を超えて借りられる場合もありますが、

 

借りるほうの立場からは、
できるだけ頭金の割合を多くして借り入れを減らし、
購入後のローン返済や生活にゆとりを持たせたいところです。

 

【スポンサーリンク】

頭金だけでなく諸費用分も用意するのですか?

住宅購入時には、
物件の購入代金だけでなく次のような費用もかかります。

 

■税金 
■各種保険料 
■仲介手数料
■引越費用…etc

 

なので、これらの諸費用にかかる分については、
頭金とは別に準備しておく必要があります。

諸費用の目安はどれくらいですか?

ケースバイケースでもあるのですが、
一般的な目安としては以下のようなところです。

 

■新築分譲住宅を買うとき
・物件価格の3〜5%

 

■中古住宅を買うとき
・物件価格の5〜10%

 

なので、5,000万円の新築住宅でしたら
150〜250万円となりますので、

 

頭金を2割とすると
1,150〜1,250万円程度の自己資金が必要になるということになります。

 

【スポンサーリンク】