物件概要は重要?

広告ではどこを見るのですか?@

広告を見るときに一番重要なのは
「物件概要」になります。

 

この物件概要というのは、
小さい文字でびっしり書かれているので

 

読むのが大変だと思われるかもしれませんが、
実はここにこそ不動産の重要情報がつまっています。

広告ではどこを見るのですか?A

物件概要は、
その物件の大切な情報を凝縮したものですが、

 

これは、不動産業界の自主規制団体である
「不動産公正取引協議会」
によって、

 

販売する宅地や建物の広告について
表示が義務づけられているのです。

広告に大げさな表現があったら?

不動産広告では、
客観的・具体的な事実でない限り、

 

購入者の誤解を招くような
断定的で大げさな表現を使用してはいけないことになっています。

 

具体的には、以下のような表現は私用できません。

 

■格安、破格 
■特選、厳選 
■最高、一級 
■日本一、超、業界一
■完全、完璧 
■二度と出ない 
■掘り出し物件
■お買い得...など

 

【スポンサーリンク】

おとり広告とは?

おとり広告というのは、
条件のよい物件の広告を見つけて問い合わせると

 

「その物件は売れてしまったけれど他によい物件があります」
などと、

 

広告以外の物件を売ろうとするものです。

 

こういう対応をする不動産業者は
信用できませんので注意したいところです。

雑誌の不動産記事は?

「現地ルポ」などと称して、
不動産会社がルポライターなどを使って
雑誌の記事風に広告を作っている場合があります。

 

しかしながら、これに関しても
記事内容が事実と異なるところがないとしても、

 

よいことずくめの内容になっているのが通常ですから、
すべてを鵜呑みにするのは危険です。

 

【スポンサーリンク】