宅地建物取引業初任従業者教育研修とは?

宅地建物取引業初任従業者教育研修とは?@

宅地建物取引をめぐる紛争というのは、
消費者と直接接触する宅建業の従業者、

 

特に宅地建物取引主任者以外の従業者の
知識や経験不足から生ずるものが多いとされています。

宅地建物取引業初任従業者教育研修とは?A

そこで、平成2年度から
「宅地建物取引業従業者研修登録制度」
が実施されています。

 

また、平成8年度からは
「宅地建物取引業初任従業者教育研修制度」
が実施されています。

宅地建物取引業初任従業者教育研修制度の目的は?

宅地建物取引業初任従業者教育研修の目的は、
より一層、宅建業の従業者、

 

特に初任従業者の資質の向上を図り、
宅地建物の購入者等の保護と、
宅建業の発展に資することにあります。

 

【スポンサーリンク】

宅地建物取引業初任従業者教育研修の講習方式は?

宅地建物取引業初任従業者教育研修の講習方式には、
次のコースがあります。

 

■自宅学習で、各履修科目を3か月で履修するコース
・この方式は、(財)不動産流通近代化センターと、
 近代化センターの認定を受けた業界団体が実施しています。

 

■講義(スクーリング)方式
・この方式は、業界団体と
 近代化センターの認定を受けた企業が実施しています。

 

ちなみに、どちらも教育研修の修了を認定するための
修了試験(択一式)があります。

 

なお、修了者が指定講習を受講する場合には、
宅建業の実務経験が1年短縮されますので、
実務経験2年で受講できることになります。

 

【スポンサーリンク】