復代理人とは?

復代理人とは?

復代理人というのは、
代理人からさらに選任された代理人のことをいいます。

 

復代理人が選任されるのは、次のような場合です。

 

■代理人が多忙の場合
■自己よりも適当な人がいる場合

本人から選任された代理人は?

本人から選任された代理人(任意代理人)は、
本人の許諾を得たときか、

 

やむを得ない事由がなければ、
復代理人を選任できません。

復代理人の責任は?

復代理人を選任したときは、
本人の指名による場合を除いて、
選任監督の責任を負います。

 

ちなみに、法定代理人は、
常に自己の責任をもって
復代理人を選任することができます。

復代理人と代理権

代理人は、
復代理人を選任しても、
代理権を失いません。

 

なお、復代理人は、
第三者に対して、

 

代理人と同様の代理権を有し、
本人に対しても、
代理人と同一の権利義務を有します。

 

【スポンサーリンク】