民事調停とは?

民事調停とは?

民事調停というのは、
民事の紛争一般について※

 

裁判所が民事調停法に基づいて行う調停のことをいいます。

 

※家事事件を除きます。

家事事件は?

家事事件については、
家庭裁判所において家事調停が行われています。

調停とは?

調停というのは、

 

原則として、
裁判官1名、民事調停委員2名により構成する
調停委員会が、

 

紛争解決のための合意を行うよう、
当事者に媒介ないし斡旋することをいいます。

 

【スポンサーリンク】

調停の効力は?

調停によって、当事者の合意が成立し、
これを調書に記載したときには、

 

その記載は、
裁判上の和解(確定判決)と同一の効力を有します。

主な調停の内容は?

調停の主なものとしては、
借地、借家や相隣関係のような
継続的生活関係に基づく紛争や、

 

親族間の賃借等の解決に利用されています。

 

ちなみに、最近では、
いわゆるサラ金の問題の解決のための
調停申立てが急増しているようです。

 

【スポンサーリンク】