目論見書、免震構造とは?

目論見書とは?@

目論見書というのは、
有価証券の募集や売り出しの際、

 

その取得の申込みを勧誘するときなどに
投資家に交付される、

 

次のような事項を記載した文書のことをいいます。

目論見書とは?A

■発行者の事業計画
■既存事業の説明等

 

この目論見書には、
投資家が投資を判断するのに必要な情報が記載されています。

目論見書の作成義務とは?

有価証券等の募集や売出し時には、
発行者に対して、

 

証券取引法において、
内閣総理大臣への有価証券届出書の提出と、
目論見書の作成が義務づけられています。

 

【スポンサーリンク】

仮目論見書とは?

仮目論見書というのは、
目論見書のうち、

 

有価証券届出書の効力が
発生する前に使用されるものをいいます。

免震構造とは?

免震構造というのは、
地震による建物の揺れや破壊を防ぐために、
建物に入る地震力を減少させる構造のことをいいます。

 

具体的には、建物と基礎との間に
積層ゴムやダンパー等の装置することによって、

 

地震時の地動に共振しやすい
中低層建築物の振動周期を、

 

超高層建築物のように長い振動周期に変えるようにします。

 

【スポンサーリンク】