諸費用は物件の何%くらい?

マイホーム購入時の諸費用は物件の何%くらい準備したらいい?@

マイホーム購入時の諸費用は、
新築物件なら価格の最低2〜5%、

 

中古物件では多くの場合仲介手数料が必要になるので、
最低5〜9%程度は必要になるといわれています。

マイホーム購入時の諸費用は物件の何%くらい準備したらいい?A

具体的には、4,000万円の新築マンションであれば
80万円〜200万円程度ということになります。

 

とはいえ、諸費用の総額は
個々のケースによって異なりますので、

 

詳細まで予測できない資金計画の時点では、
購入価格の10%程度を見込んでおくとよいと思われます。

 

よって、頭金と合わせて
購入価格の30%は現金が必要ということになります。

諸費用の精算はどのように行われるのですか?

すべての手続きを自分で行う場合には、
その都度支払いが必要になりますが、

 

一般的には金融機関などがほとんどの手続きを代行し、
残金決済時に精算となることも多いです。

 

また、売買契約時に諸費用の概算額をまとめて支払っておいて、
後で精算するというケースもあります。

 

【スポンサーリンク】

上記の諸費用以外にはどのような費用がかかりますか?

上記の諸費用以外にも次のような費用がかかります。

 

■新築一戸建てのケース
新たに水道を引くときの水道加入金、地鎮祭、上棟費用など

 

■マンション購入のケース
・修繕積立金(20〜40万円程度)

 

■中古物件購入のケース
仲介手数料(契約の形態が「仲介」の場合)
⇒ 購入価格×3.15%+63,000円が上限(消費税込)

 

■残金決済に資金が間に合わないとき
つなぎ融資利用のための金利支払い、手数料、印紙税

 

■その他
引越し費用、耐久消費財の購入費

 

■入居後
・不動産取得税、固定資産税、都市計画税などの税負担
・定期的なメンテナンス負担
⇒ マンションなら、管理費、修繕積立金、駐車場使用料などが毎月かかります。

 

【スポンサーリンク】