更正登記、固定資産税とは?

更正登記とは?

更正登記というのは、
不動産登記簿に記載されている登記事項が、

 

その登記の時点において錯誤や遺漏により、
事実関係と不一致があった場合に、

 

登記事項を事実関係に一致させるための登記のことをいいます。

錯誤や遺漏が登記官の過誤による場合は?

更正登記のうち、
錯誤や遺漏が登記官の過誤による場合は、

 

更正登記を職権で行うことができることになっています。

固定資産税とは?

固定資産税というのは、
1月1日現在に、固定資産課税台帳、または補充課税台帳に登録された

 

一定の土地、家屋、償却資産の所有者に課税される
市(区)町村税(都税)のことです。

 

【スポンサーリンク】

固定資産税の課税標準は?

固定資産税の課税標準は、
3年に1度の基準年度ごとに改訂し、

 

第2年度または第3年度については、
比準価格で課税されます。

固定資産税の納税は?

固定資産税の納税は、
普通徴収で4期分納です。

目違いとは?

目違いというのは、
パネルとパネルを接合する場合のように、

 

同じ材料を接合したときに、
施行方法の不良等によって、
その接合(突合せ)の部分に段差ができるズレのことをいいます。

 

【スポンサーリンク】