新築住宅のメリット・デメリット

新築住宅の費用は?

新築住宅は、最新の設備が整っているという利点はあるのですが、
中古住宅と比較して、価格は当然高くなります。

 

以下、新築住宅の利点(メリット)・欠点(デメリット)について
見ていきたいと思います。

新築住宅のメリットは?

新築住宅のメリットは、次のようなものです。

 

■資産価値などから、中古住宅よりも有利な融資が受けられます。
・借入期間が最長35年に設定できます。

 

・物件価格の90〜100%まで借りられる提携ローンがついているケースもあります。

 

■新築住宅のみを対象にした固定資産税の軽減措置があります。

 

■中古住宅よりも不動産取得税の控除額が多い場合があります。

 

■着工前に間取りや設備を希望に沿って変更可能な場合があります。

 

■中古住宅よりも住居の面積が広いことが多いです。

 

■最新設備が充実しています。

 

■まだ誰も住んでいません。

新築住宅のデメリットは?

新築住宅のデメリットは、次のようなものです。

 

■希望する地域で売り出していない場合があります。

 

■中古住宅と比較すると価格が高いです。

 

■新築マンションや建売青田売りの場合は、買う前に実物を確認できません。

 

【スポンサーリンク】